クリエイターって何?

どの職業も昔からあったものですが、クリエイターを名乗るようになったのは最近の事のように思います。 いわゆる「裏方」の仕事で、これまでは作品だけが表に出ていたのですが、今では制作者自身をテレビや雑誌などのインタビューで見かけることがありますよね。 クリエイターという言葉が浸透したきっかけとは?

創造するのに必要なもの

クリエイターになろうと思ったのは、どうしてでしょうか。 おそらくはその分野で何かを作り出すことが好きだから、楽しいからといった理由からだと思います。 アイデアが枯渇しないように、技術が衰えないように、日ごろからできることはしたいですよね。 コンテストでは、それらを高めることができます。

コンテスト参加の基本

思うように作品を作りたい、これはみんなが思っていることですが、身勝手な制作ではコンテストに参加できません。 きちんと要項を確認し、コンテスト開催の意味を理解したうえで作品制作に臨みましょう。 全てに自分らしさを出さなくても、こだわりたい点や自分の世界観など、工夫次第で自分らしい作品になるはずです。

オススメリンク

超初心者向け!動画制作を始めるために必要な事前準備、作成時に注意しておきたいこと

私、クリエイターです

クリエイターって、よく聞く言葉ですが、何をする人なのでしょうか。
調べてみると、いろいろな分野でクリエイターという人は活躍しています。
何かを作り出す、生み出すことを仕事としている人たちの事です。
WEBや映像、CGやゲームなど、様々なクリエイターが存在します。
どんな業界でも、特に映像やメディアに関連する業界は、何もないところから魅力的なものを生み出す作業が必要です。
製品や作品そのものもそうですが、ホームページや宣伝のためのツールなど、様々な状況で必要になります。
作り上げたもの次第で、プロモーションや事業だけではなくて、会社そのもののイメージを左右することがあるため、かなり責任は重いかもしれません。
でも、自分がイメージしたことを形にすることは、とてもやりがいのあること。
将来そうした仕事に就きたいと思う学生さんも多いのではないでしょうか。
クリエイターは、主に会社など組織内で働くか、どこにも属さないフリーランスで活動するかです。
組織内でクリエイティブ職に就く場合、仕事としては安定しており、収入も一定以上が保証されていますが、その分自由に制作できることにも制限があります。
逆にフリーランスであれば、自由に仕事を選ぶことができますが、依頼がなければ無収入ですし、安定して仕事をもらう事はなかなか難しいことです。
そこで、クリエイターの実力やセンスを自身が確かめたり、依頼したい企業などに知ってもらえるように、コンテストを利用することは一つの方法です。
クリエイターを職業にと考えている人にとっては、貴重な経験になるでしょう。

TOPへ戻る