クリエイターって何?

WEBクリエイター

インターネットがこれだけ生活に密着し、スマートフォンサイトなども充実している今、WEBクリエイターという仕事はもっと一般的になってもいいくらい、当たり前に必要な職業なのではないでしょうか。
似たような職業でWEBデザイナーという仕事がありますが、デザイナーは主にサイトの画面構成やデザインを決める仕事です。
クリエイターはもっと広く、サイト自体について決めたり作ったりする仕事で、デザインだけではなく様々な知識が求められます。
イメージとしては、総監督のようなものでしょうか。
目的によっては、システムの構造やプロモーションなどにも関わってくるわけです。
WEBについては、専門の学校で勉強し、その業界で経験を積んでいくのが一般的です。

映像・サウンドクリエイター

映画やテレビなどで必要なクリエイター。
映像クリエイターは、私たちが日ごろ見ているテレビコマーシャルなども制作する仕事です。
これらには必ず依頼主がいるため、依頼内容に即した映像を制作する必要がありますが、制作した映像の評価が高ければ、名実ともに優れたクリエイターになれますし、その後の作品制作についての自由度も上がってきます。
映像には音が必要ですので、サウンドクリエイターとも一緒に仕事をすることが多いのではないでしょうか。
音楽に限らず、SEと呼ばれる効果音なども制作するサウンドクリエイターは、音楽センスだけではなく、世界中の様々なジャンルの音楽を知っていると強みになります。
こちらも憧れの職業で、専門の学校に通って基礎を学ぶことができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る